人間の体は機械と違って、同時に心や魂が存在します。
あなたがどんな思いを抱いて来院されるかということも施術の効果に影響を及ぼします。

例えば、このホームページをじっくり読んでから来院された方と、たまたま検索に当院がヒットしたから何となく来てみたという人では、体の改善にかける思いや行動が違ってきます。

とりあえず来てみたい言う人は「とにかく痛みを取ってどうにかしてくれ!」という人が多いように思います。
しかし痛むには痛みが出る理由がありますし、必ずしも痛みが悪者というわけでもありません。
痛みが回復の過程ということだってあるのです。

そういう場合には痛みを取りのぞくことを目的とするのではなく、
「痛みは体のサインとして出ているだけですよ」「痛みは敵ではなくてあなたの味方ですよ」
という考えを伝えることも必要です。

このページでは、福生こもれび整体院の施術方針を簡潔にご紹介します。

私は治せないし 治しません

答えはあなたの内にあります

どうしたらよいか 体に聞いて教えてもらいます

痛いところはそっとしておきます

心と体の歪みを整えあとは自然に体が治してくれるのを待ちます。

 

上の文は自分が技術を学びに行っていた時にお世話になった先生の院に貼り出されていた言葉です!

ものすごく印象に残り皆様にお伝えする為に使わせていただいています。

そもそも治るというのは、その人自身の体の内部で変化が起こる反応です。
ホルモンバランスが変化したり、血流量が変わったり、血流の流れが変わったり、体温が変化したり、人間の知識が及ばないいろんな過程を経て体が治っていくわけです。

当院は整体院のため医療機関ではないですから、もちろん法律的にも治りますとか治しますということは言えませんが、法律とは関係なしに、人が人を治すということはそもそも不可能だと思っています。

「治せないし、治さない」これは私の師匠の言葉の受け売りですが、私も本当にそう思っています。

だけど、治せないという前提で、自分がその人が治るためにはどんなお手伝いが出来るだろうか?
という問いかけをいつも自分にしています。

もちろん、うまくいくときといかないときがありますが、うまくいけば何かしら体や症状が楽になったりします。

それは私が症状を治したわけでも何でもなくて、患者様本人にちょっとしたきっかけづくりをしたに過ぎなくて、その人自身の力や体の反応で治っていくわけです。

福生こもれび整体院には毎日のように症状を治してもらいたい人たちからお問い合わせやご連絡を頂きます。

しかし私は皆様の「症状を治す」「痛みを取り除く」ということには一切関与しません。
なぜなら皆さんが抱えているいろんな症状は私ではなくなた自身の力で体を変えて治していくものだからです。

その為、当院は「治してもらうところではない」のです。

病院へ行くと注射を打ったり飲み薬・貼り薬をくれます。

しかし慢性症状の多くはそれだけでは治っていかないことが現実です。
原因は解決せずに、結果である症状を抑えることしか考えていないのですから体が治らなくて当然と言えば当然です。

原因自体の世界が何も変わっていないのです。

ですから、ご自身が治してもらおうという気持ちで病院や治療院めぐりをしても根本的な解決にはなりません。

簡単に言うと「他力本願」ではダメということになります。

「どこに行っても治らない」という人がいますけど、あなたが誰かに治してもらおうと思っている限り、それは当たり前の話なのです。

根本的に良くしていこうと思うのなら、治療も必要ですが治療を加えたその後をいかにキープしていくか、それかあなたの生き方を変えなくてはなりません。根本となる原因の世界を変えていくのです。

生き方とは毎日の生活習慣そのものです。何かしら変える必要があるからこそ、身体は症状というサインを送ってきているのです。

いきなりガラッと全部変えなくてもいいです、むしろ急に変える事が自体が大変なので、謙虚に毎日の生活を振り返り、変えられることから変えていく。地道な努力が体を変える唯一のエネルギーです。

それが根本解決への道です。

当院はあなた自身の治る力にいかに気付いて頂く為に、お手伝いをさせて頂きます。