根本原因にアプローチする、再発しない身体を仕上げる

あなたは治療院はどんな場所とイメージされているでしょうか?

おそらく痛みを和らげてくれたり取り除いてくれたりするところと考えていると思います。

もちろんそこは当然なのですがなぜ痛みがでてしまったのか?という部分に対して私はアプローチしたいと考えています。

その理由に対してアプローチしていくことで、その人の人生が大きく良い方向に向かっていくと確信してるからです。

これからの時代、最大の資産は「健康」でしょう。
医療が進歩していても病気になったり寝たきりになる人は増えて行く一方ですから。健康であることが何よりの資本・資産です。

そうならないためにあなたと協力していけるのは病院ではなく関係性の近い私のような存在だと考えています。

私はあなたに対しても痛みが和らぐだけの治療ではなくてそうなってしまった原因に対してアプローチをしていきます

そしてそれを繰り返さないための日常生活の指導もお伝えさせてもらいます。

当院が行う施術、DRTとは…

DRTでは、部分的な歪みよりも、背骨全体の歪みに注目し局所ではなく全体の視点で捉えていきます。
最も大きな違いとしてカイロプラクティック・整体・ボキボキするような矯正の様に背骨を1ヵ所ずつ矯正しないという特徴があります。

脊柱というものは、基本24個(頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個)の背骨が縦に配列された集まりですが、個々にバラバラのパーツの寄せ集めではありません。24個の背骨は、それぞれ全体を補うようにバランスを取り合っています。24個で1つのユニットを形成しているのです。

背骨は1カ所ずつ矯正しても全体の機能を回復させる事は難しく、全体に対して同時に矯正していく必要があります。

DRTでは背骨全体に対して同時に矯正していくために、従来の矯正とは違い強い力で一気に矯正する方法ではなく、軽い力(背骨をゆらゆらと揺らす)を反復して加えつつ背骨全体がどう反応しているかを確認し、修正すべき適切なポイントを選びながら全体的に矯正していきます。